*

東心斎橋 うどん はびきのうどん 八幡筋店

公開日: : 最終更新日:2015/07/16 うどん, 大阪市, 大阪市中央区

会議が終わって、ミナミをうろついてたら(笑)見慣れん店が
出来てるやん!!

どうも最近「うどん」の文字に弱いなぁ。
ちょっと入ってみたろ!!

「はびきのうどん 八幡筋店」

かすうどんの専門店みたいで、まだオープンして間が無く
めちゃくちゃ綺麗な店内にお客さんも満員やなぁ。
それも、若いお客さんが多い店やなぁ。

どのメニューにも「油かす」が入ってるねんて。
何にしようかなぁ。

今日は、会の帰りなんで、相方が居るねん。
その相方が頼んだんが、これ・・

「かすたまごとじ + にく トッピング @800」

めちゃくちゃ、ええ匂いさせてるや〜ん。
「ちょっとちょーだい!!」(笑)

ええ出汁出てるわぁ!!
これは美味しいでぇ!

「にくかすカレー + ねぎ + すじ トッピング@1400」

辛さが5段階から選べるねん。
それを、MAXの「激辛!」で「寅先輩」が注文!(爆)

もちろん、「一口ちょーだい〜〜〜」

「うっ!」
「かっ・・・かっら〜〜※△@#☆♂」(笑)

でも、3口4口出汁を飲んでると旨味も広がるわ。(笑)

ただ、辛いんはずっっと辛いけどな。(笑)

「にくとろたま @1000」

あの出汁飲んだ後、多分何を食べても「平穏」しか出て来ん
と思うわ。(笑)
ここの「冷たい麺」にしてみてんけど、綺麗な卵が乗ってる
ねん。

肉が入ってるから、「油かす」はそんなに入ってないんかな。
麺は細麺やけど、コシも意外とあるなぁ。
これにしたら肉の美味しさがかなり引き立つねん。

なかなか美味しいやん、ここ。
〆使いもええし、食事モンもあるから、使いやすそうやな。

【はびきのうどん 八幡筋店】

住所 : 大阪市中央区東心斎橋2-1-15  地図
電話 : 06-6243-1114
営業時間 : PM5:00〜AM8:00
定休日 : 

wp-yoko

関連記事

桜川 スープカレー MAGICSPICE マジックスパイス

今日は朝から、どうしても行きたい店があんねん。 何度も来てるけど、やっぱりここの中毒性はえげつない

記事を読む

千日前 焼き鳥 さか町 鳥光 (とりこう)

相生橋から千日前通に抜ける途中(旧 阪町)に、ガラス越しに 焼き鳥焼いてるのが見える店があるねん。

記事を読む

天満 洋食 赤ちゃん

天満で最近ちょっとマイブームになってる洋食屋さんを探してて 名前が「???」な店を見つけたから入っ

記事を読む

心斎橋 魚匠 銀平 大阪心斎橋店

今日は「虎キチ」の業界の取引先の担当と その偉いさんと会っててん。 「虎きっちゃんとこ、最近

記事を読む

梅田 阪神百貨店 阪神の四国めぐり 味と技(4) 讃岐 日の出製麺所

さぁ、〆やわぁ。(笑) 色々つまみまくってたら結構、お腹が膨れてきたわ。(笑) でも、今日は

記事を読む

昭和町 うどん亭 瀬戸香

昭和町に来てるねんけど、ここって近い割に、まったく 土地勘ない場所やなぁ。 仕事で今日は相方

記事を読む

緑橋 うどん うどん工房 桜

どうも噂では、今年も「関西讃岐うどん 西国三十三ヶ所巡礼」 が、あるって聞くねんけど、早くやって欲

記事を読む

東三国 居酒屋 大衆酒場 依成 (よりみち)

今日は、江坂で「クリパ」(最近近くの高校生に教えてもらった クリスマスパーティの事)(笑) があ

記事を読む

天神橋筋六丁目 懐石・豚料理 豚匠 亢谷利 (あやり)

今日の呑み会は「寅先輩」が 一回行ってホレこんだ店らしいねん。 なんや、まぁ行けばお前は必ずハマる

記事を読む

難波 隠岐の味 居酒屋 国賀家(くにがや)

難波で、仕事終わって、ちょっと一杯飲みたなってん。 一人酒に合いそうな店は・・・と、ここよさげやん

記事を読む

wp-yoko

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-yoko

ようこそ「虎キチ」ブログへ

虎キチブログへようこそ。 「虎キチ OSAKA 虎ウマ~ Diary

天王寺 うなぎ 双葉

今日は天王寺に来ててん。なんか、めっちゃウナギな気分!(笑)

河内長野 奥河内くろまろの郷 ビュッフェレストラン 奥河内

今日は、休みで前から来たかった道の駅があんねん。同じ大阪やけど、市内

四ツ橋・南船場 台湾カフェ 台湾豆坊

相方(♀)と南船場ブラブラしてたら、この店の前で止まった! 相

明石 居酒屋 うお左衛門 明石魚ん棚店

そして、また「魚の棚(うおんたな)商店街」で美味そうな魚を爆買い(笑

明石・魚の棚商店街 玉子焼(明石焼) いづも

今日は休みで垂水まで来たから、ランチはその先のいつもの明石へ。(笑)

→もっと見る

    • 1いま、来てくれてはる人:
PAGE TOP ↑